さあ、行くぞパタヤ!

さあ、行くぞパタヤ!

きっかけは暇潰しに見ていたスマホ画面に…世界一ゲスな街…という記事が現れた事だった。

読んでみると、ゴーゴーバーとかバービアとか私の知らない夜遊びワードの連発で興味を惹かれた。それはタイのパタヤという街の記事だった。

それから数日間、私は”パタヤ” “ゴーゴーバー”のワードでネット検索をしては記事を読みあさった。パタヤの遊びについて書かれたブログもたくさんあり、その内容は私には衝撃的で、パタヤは男の天国のような街に思えてきた。このブログの世界を体験したい。もうどうしてもパタヤに行きたくなった。

「ねえ、パタヤに一緒に行かない?」

「パタヤってなに?」

「タイの街」

「え、なんで?」

「ゴーゴーバーに行きたい」

「なにそれ… てかタイとか汚そう。虫とかやばいでしょ。行かない。」

数日後、そう弟に話を持ちかけてみると、一蹴された。

私も行ったことがないから反論できない。

まあ虫の件はともかく、ゴーゴーバーがこんなに楽しそうなんだと説明しても、

「楽しさが伝わらない。もっと行きたくなるようなプレゼンじゃなきゃ行かない」

またもや却下。

そう言われても行ったことがないんだからこれ以上は知らんし。

旅費が案外とかからないこと、物価が安いこと、最後はゴーゴーバー関連のブログなどを読んでもらったことで少し興味が湧いたようで、ようやくパタヤに行くことが決まったのだった。

それから約2ヶ月後、ついにパタヤへ向け出発。

2人とも海外旅行は久しぶり。英語はカタコト程度。いやそれ以下かもしれない。まぁなんとかなるだろう。

木曜出発の日曜帰国の3泊4日。エアアジアで成田からドンムアン空港に。空港からはタクシーに乗りパタヤへ。

到着したのは日が沈みきった19時頃。タクシーがようやくホテルに到着。

ついにパタヤの地に降り立った。

アゴダを利用して我々が選んだのはHotel VISTAというホテルだった。

遊びのメインとなるだろうウォーキングストリートからは近からず遠からず。ソイ5の通りにあるホテル。

ホテル選びには相当悩んだが、安くて綺麗そうな所を写真で選んだ結果だった。

ワンルームタイプのシンプルな部屋だか、我々が抱いていた”タイのホテル”のイメージとは違い、広くて綺麗な部屋に感激した。一泊5千円でこれなら大満足である。日本のビジネスホテルより余程快適な部屋だった。

(次回に続く)